手でも足でも、お腹でも、太いなあ、と思えば、まず思いつくのは脂肪が付いたかな、ということだと思います。その場合には単に脂肪が付いただけなのか、脂肪細胞がセルライト化しているのかを見分けることが大事になってきます。 ただ、勘違いしたままでもあまり大きな問題にはなりません。対処方法が同じ、であるためです。 これに対して、同じく手や足や、お腹が太くなった場合に、その原因がむくみである場合があります。これを脂肪により太ったことと見分けることは、その後の対処方法が異なるという意味で重要です。

▼むくみ対策に人気の着圧レギンス

まず、むくみとは何か、です。むくみは、漢字では浮腫みと書きます。そして、浮腫(フシュ)といわれることもあります。 ざっくりと言えば、むくみとは、細胞に水が溜まっている状態です。 この点、脂肪が詰まっているとは全く違うことが理解していただけるのではないかと思います。 次に細胞に水が溜まる理屈です。細胞というのは、薄い皮で囲まれています。必要なものはその中に閉じ込めるためです。しかし、細胞が活動する中で、不要なものは細胞から外に出し、必要なものは外から取り入れる必要があります。

ちなみに、必要なものを運んでくれ、不要なものを持ち去ってくれるのが血管(血液)です。 細胞の内側には水と、その水に溶けて塩があります。というか、塩水があるのです。 血液中にも、水と塩が混ざっています。このとき、濃い方と薄い方が混じって同じような濃さになります。 血液の方が濃ければ細胞から水が出ますし、細胞の方が濃ければ血液から水が行き渡ります。 むくみ、とは、この細胞の方が塩分が濃いことで発生します。

むくみ対策は、大きく二つに分けられます。 一つは、塩分を減らし、水を飲むようにすること。塩分が濃いなら水で薄めてあげればいい、という発想です。この対処法はセルライトに対しては全く効果が見込めません(逆にデメリットがある、というわけでもありませんが)。 そしてもう一つは、血流量を増やすことです。細胞に溜まっている使い終わった塩分が残っているから細胞内の濃度が高くなり、水が溜まってしまうことに対応して、その塩分を回収してあげる、という発想です。回収は血液が行いますが、血流が悪くなっていると、円滑に行われません。 血流量を増やす方法は、身体を温める、マッサージを行う、筋肉を付ける、です。こちらはセルライトと同じ対策で効果があることになります。

 

無理なダイエットではむくみ脚は解消できない!?

ダイエットではセルライトは除去できないと言われることがあります。
この話は、どのような状態のセルライトを想像しているかで大分変わってきます。

セルライトの末期、繊維化が始まりオレンジピールスキンとなっているときに、ダイエットをしたところで、これが改善することはありません。
大本の原因は、脂肪細胞の肥大化だったかもしれません。しかし、繊維化している時点で、体内の循環経路からは外れてしまった細胞になっています(これを人によっては細胞が死亡していると表現します)。脂肪が付くとか、老廃物を排出する、とかそういうことが期待できない状態になっているのです。

一方で、オレンジピールスキンには至っていないセルライトは、ダイエットで解消する可能性が高いです。
これは、そもそも痩せている人にはセルライトで悩んでいる人が少ない、という事実に基くものです。
それから、脂肪細胞に詰まったものが適正な量に落ち着くことにより痩せるのであって、脂肪細胞の数が少なくなるから痩せるのではない、という点も、ダイエットでセルライトが解消する可能性を示唆しています。

ダイエットサポートに着圧レギンスが人気!

以上、セルライトの種類から考えるダイエットの有効性について記載して来ました。
次にダイエットの種類から考える、セルライト対策について考えて見ます。
といいますのも、ダイエットにより脂肪が減ることでセルライト対策になると単純に言い切れないようなダイエットの種類(方法)が在るからです。

まず、ダイエットといえば、大きくは、

(1)摂取するエネルギーを減らす

(2)摂取したエネルギーのうち、消費される量を増やす

の二つに分けられます。

このうち、(2)はマッサージによる血流の円滑化や、運動による筋力アップにより目指されます。これらについては、セルライトと運動について説明した箇所でも申し上げたとおり、セルライト対策としても申し分ありません。
問題は、(1)の摂取エネルギー量を減らすことです。単純に量を減らすだけで必要最小限の栄養素が摂取できているのであれば問題ありません。しかし、必要な栄養を取れていない場合には、たとえ脂肪が減ったとしても、体内の血液等の循環が悪くなります。そしてその結果、セルライトが減っていかないのです。

 

運動に着圧レギンスを取り入れると効果大!

むくみ対策やダイエットの一番手といえば運動です。
というよりも、健康に関するほとんどの問題は、適度な運動を行うことで解消されることが多くあります。
その適度な範囲でも、運動するぞ!と意識しないと行えないのが現代人、ということかもしれません。

ポイントは「適度な」運動、ということです。
ダイエットとしての運動は、強度の強い運動と弱い運動を組み合わせます。

強度の強い運動とは筋肉トレーニング等です。筋トレというと、歯を食いしばってダンベル持ち上げているような場面を想像される方がたまにおられます。しかし、もっと軽く行えるもの、例えば立ったままお腹を引っ込める運動、などもあります。

これに対して強度の弱い運動とは、ウォーキングやジョギングなどです。
ジョギングはつらいでしょう、と思われるのであれば、ウォーキング(散歩)で結構です。
一定の時間、動き続ける、動き続けられるような強度の運動を選択することがオススメです。

そこに着圧レギンスを取り入れることで、より効果が期待できます。

運動の効果

これら運動がダイエット等にどのように効くのか、については、いくつも複合的に症状改善に役立ちます。
その一つは、運動により脂肪が燃焼することです。ダイエットの天敵セルライトは脂肪細胞に脂肪が詰め込まれて起きることを思い出していただければ、脂肪を燃焼して使ってしまうことで溜め込むのを避けることができる、という話もご理解いただけるのではないかと思います。

もう一つは、息が上がったときに、体温も上がった経験があると思うのですが、運動により、体温を上昇させ、血の巡りをよくすることで、身体の隅々から、溜まっている老廃物を回収することができるようになります。

そして最後にもう一つ、筋肉は身体を動かす際にエネルギーを消費します。この身体を動かす、というのはスポーツウェアに着替えてジムでトレーニングをする、という意味ではありません。日常生活を送る上でも、寝ている間でも、筋肉は活動しています。例えば、心臓は動き続けています。そして活動によりエネルギーを使っているのです。

Copyright© 【2020年版】着圧レギンスの人気おすすめランキング! , 2020 All Rights Reserved.