目元のシワを取りたい!大事なのは保湿とツボ刺激?!

目の周りは、とても乾燥しやすい部分です。この乾燥が原因でしわやしみなどのトラブルになります。目元は、顔の中でも特に印象に残りやすいもの。丁寧にケアしてイメージをアップしましょう。

 

お手入れのポイント

①クレンジング・・・決して、力を入れてこるらないようにしましょう。クレンジングする時には、中指を薬指を使って優しくケアしましょう。
②洗顔・・・洗顔料をよく泡立て、目元を洗う時には最後に洗うようにしましょう。決してこずらずに、洗うようにしましょう。
③保湿・・・目もとには充分な保湿が必要です。
④プラスケア・・・保湿の後に、クリームを塗ってケアしましょう。目元専用のものも、たくさん出ています。

化粧水、乳液、美容液など、スキンケアが面倒と言う人は、オールインワン化粧品がおすすめ。シワ対策に人気のあるスキンケアで、ちゅらかなさというオールインワンジェルが最近話題になっています。

しっかり保湿した乾燥を防ぐことが一番のシワ対策です。忙しい毎日にもしっかり保湿できるアイテムを選ぶことが肝心ですね。

 

マッサージの方法とは

1まぶたの下のマッサージ

①まっすぐ正面を見て、右の目の下まぶたを左の中指で目じりのほうに少し引き上げるようにします。(決して強く引っ張らないようにしましょう)
②右の中指で目の下の部分を、目がしら、真ん中、目じりの順に軽く押していきます。
一か所につき10回ずつ行いましょう。
③今度は左の目の下まぶたを左右の中指で目じりのほうに少し引き上げるようにします。(決して強く引っ張らないようにしましょう)
④左の中指で目の下の部分を、目がしら、真ん中、目じりの順に軽く押していきます。
一か所につき10回ずつ行いましょう。

2.頬から下まぶたへのマッサージ

①小鼻の横あたりの頬に、中指の第一関節から第二関節あたりを付け、下まぶたのほうにトントンと指を動かしていきます。(左右、10回ずつ)

 

3.下まぶたの集中マッサージ

①右の下まぶたに、右の中指を薬指の腹の部分でトントンと目がしら、真ん中、目じりと叩いていきます。(30秒ほど)
②左の下まぶたに、左の中指を薬指の腹の部分でトントンと目がしら、真ん中、目じりと叩いていきます。(30秒ほど)

いかがでしょうか。毎日の保湿ケアとマッサージで目の下のしわを撃退しましょう。

 

目の下のクマも老け顔の原因!代謝促進美容法!

一日中パソコンでお仕事、スマホや携帯でゲームやメールなど、目を酷使されている方も多いのではないでしょうか?
それに加えて、睡眠不足やストレスによって目が腫れたり、充血したりすることも多いですよね。ここでは目を癒し、目の代謝を促進する美容法ご紹介しますので、お悩みの方は一度お試しいただけると幸いです。

 

1.ツボのマッサージ

①眼精疲労を和らげるツボ(セイメイ)をマッサージしましょう。
*ツボの位置・・・目がしらの凹んだ部分。のところです
*マッサージのポイント・・・伸ばした親指と、人差し指でセイメイの部分をはさみ、マッサージする。3から5秒押し、2秒休んで繰り返します。これをワンセットとして、5から10回繰り返してみましょう。
*効果・・・眼精疲労回復・鼻づまり解消

②肌の緩みを引き締めるツボ(ドウシリョウ)をマッサージしましょう。
*ツボの位置・・・目じりから外側に親指の幅半分進んだところのくぼみのところです。
*マッサージのポイント・・・伸ばした人差し指と中指をそろえてツボに置き目を軽く閉じて、1分ほど押しもみしましょう。
*効果・・・目じりのしわ、肌の緩みに

コツとしては、あまり指に力を入れすぎないようにしましょう。また、眉間にしわを寄せたりせず、リラックスできる状況で行いましょう。大きく呼吸をしておくとよいでしょう。

 

2.食生活に気をつけましょう。

①目の周辺の筋肉・皮膚のきめとハリを維持するために、コラーゲンを取り入れましょう。豚足や、鳥の手羽先に多く含まれています。
②目に潤いを与え、眼精疲労を防ぐ、ビタミンAを含むニンジン・ホウレンソウ・レバー等をとりましょう。

いかがでしょうか。眼は一生大切にしたいものですし、ここに載せた美容法は簡単で手間もかかりません。毎日の生活に、とりいれ、ケアすることで、目の代謝をよくし、眼精疲労と目の下のクマを解消しましょう。

自宅で簡単!「塩ミルク」で美脚を!!

「塩ミルク」マッサージをご存知ですか?
自宅で簡単にセルライトが除去できるとウワサのマッサージ方法です。
女性なら誰でも美しくなりたいですよね?
しかも簡単であればあるほどいいですよね?
その贅沢な願いを叶えてくれるのが「塩ミルク」マッサージなのです。
「塩ミルク」マッサージでは、セルライト除去ができ、特に脚痩せにはピッタリの方法なのです。
自宅で簡単に行える「塩ミルク」マッサージを1度試してみてはいかがでしょう?

では早速その方法を紹介いたします。
まずは、天然塩とスキムミルクを用意してください。
スーパーなどで簡単に手に入れることができます。
塩とスキムミルクを1カップずつ清潔な器にいれ、しっかり混ぜてください。
混ざったら、ビンなどの密閉容器にうつします。
これだけで、魔法のクリーム、塩ミルクのできあがりです。
使用するときは、その都度ぬるま湯を足して使います。

まずは、足の裏のマッサージを行います。
足の裏は老廃物が溜まりやすく、この部分は必ず初めにマッサージをします。
「塩ミルク」クリームを手に取り、足の裏に塗ります。
しっかりと土踏まずを押さえ、指の付け根辺りから、かかとに向かって順に押さえていきます。
同様に、足の甲も指からくるぶしに向かって押さえていきましょう。

次は、脚のマッサージです。
足首から膝までさすり上げます。
10回ほど行った後、今度は膝上から脚の付け根までさすり上げましょう。
脚の前面、側面、裏面を満遍なく行います。
最後に、脚の付け根を順に押さえていきます。

「塩ミルク」クリームを使うと、デトックス効果のある塩と、肌を柔らかくする効果のあるスキムミルクの成分で、何も使わないときに比べ、マッサージの効果が高まります。
塩ミルクなら高いマッサージクリームなんて必要ありませんよね。

 

そういえば、すこし前に加圧ブームがきました。

加圧ジムなんかもありますが、最近は日常生活で着れるような加圧インナーが流行っているようですね。女性の中では、ブラジャーと一緒になった加圧ブラトップという種類の加圧インナーもよく利用されているらしいです。

そこで、口コミサイトなんかでよく見かけるグラマラスタイルという加圧ブラトップを近々購入しようと考えています。

この頑固なぽっこりお腹がすっきりするのかはちょっと心配。この歳になるとダイエットにちょっと挫折しつつあるので、グラマラスタイルの効果を期待しつつ、体験者の声も参考にしていこうと思います。

あー自慢できるスタイルになりたーい!

 

美容や健康効果に注目?!メープルシロップの魅力はその栄養価にあり!

メープルシロップはサトウカエデを始めとするクロカエデ、アメリカハナノキ、ギンカエデなどカエデの樹液を沸騰させて濃縮したシロップのこと。
濃い琥珀色のドロッとしているのが特徴ですね。甘く独特の風味はやみつきになります。

メープルシロップの魅力は甘くて美味しいだけではありません。高い栄養価を誇り、世界中で愛されてきました。
天然由来のシロップで保存料や香料も無添加。健康の面でも重宝されています。

カエデと言えばカナダの国旗にも描かれていますね。
メープルシロップが発見されたのもカナダ。
カナダの先住民がカエデの幹を斧で傷つけて出てきた樹液を煮て飲んだことが始まりとされています。

今でもメープルシロップはカナダから北米あたりに分布するサトウカエデから作られていますね。

現在カナダのケベック州産のメープルシロップが世界の約70%のシェアを占めています。
日本国内では埼玉県秩父市、山形県金山町でメープルシロップを生産しています。

またこのメープルシロップを固形にしたものはメープルシュガー、加熱してさらに濃縮した後に冷やしながら撹拌したものをメープルバターと言います。

はちみつとの違いは?

メープルシロップ同様、はちみつもまた栄養価の高いシロップ。はちみつは花の蜜をミツバチがローヤルゼリーや酵素を添加して作られます。
一方メープルシロップは樹液を煮詰めて作るシロップ。同じ天然由来の甘味料ですが、原料や精製方法は全く違います。

原料が違うので栄養価も当然違ってきます。
まずメープルシロップはショ糖、はちみつは果糖なので糖分の分類からして違います。

カロリー、糖度も大きく違います。

カロリー(100g辺り)/糖度
メープルシロップ 270kcal/60%
はちみつ 294kcal/80%

またメープルシロップには多く含まれ、はちみつには少ない栄養価もあります。
亜鉛
ビタミンB1・B2
カリウム
カルシウム
マグネシウム
ナイアシン
チアミン
ポリフェノール
などなどがメープルシロップには豊富に含まれています。

メープルシロップは赤ちゃんにも。
はちみつはボツリヌス菌の危険性から1歳未満の赤ちゃんには食べさせられませんが、メープルシロップはボツリヌス菌の心配はありませんので6ヶ月頃から大丈夫。高い栄養価があるので離乳食やおやつにおすすめです。

体にうれしいこんな効果

ダイエットに

少量で甘く、はちみつや上白糖よりもカロリーが低いメープルシロップはダイエットに向いています。
パンケーキにかけたり、紅茶やコーヒーにほんの少量で風味が楽しめますね。

さらにメープルシロップには炭水化物を分解するナイアシンやチアミン、炭水化物が糖になるのを抑えるポリフェノールも含まれ、代謝アップと肥満防止が期待できます。

そしてメープルシロップははちみつや上白糖に比べ、血糖値の上昇が緩やか。
糖尿病のリスクも比較的少ない甘味料です(しかし摂り過ぎには注意!)。
血糖値の上昇が緩やかだと満腹感も得られやすいので食べ過ぎ防止にも。

アンチエイジング

メープルシロップには63種類のポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールには抗酸化作用もあり、肌のしわやたるみを防止します。

むくみ防止にも

メープルシロップには、体内の余分な塩分を排出するカリウムが豊富に含まれているので、むくみ防止になります。

美肌効果

天然のミネラルが豊富なメープルシロップは、食べる以外に直接肌に塗っても効果があります。

肌荒れ、唇の荒れに悩む人はメープルシロップを薄く塗って数分置いてから洗い流すと、しっとりと保湿されます。
さらにメープルシロップのミネラルが肌のくすみも解消し、明るい色の肌に。

 

メープルシロップのグレード(種類)

メープルシロップには色や光の透過率、風味によって、カナダ農務・農産食品省が定めた3つのグレード(カナダNo1からNo3)と5つの色があります。

しかそ2017年より色合いのカテゴリーは5つから4つに、グレードはNo1からNo3すべてが「Canada GradeA」となりました。

色や風味は樹液の採取時期で違いが出てくるのです。
光の透過率が高いほど希少で高価になるのは事実ですが、それぞれの風味や色合いの違いを楽しみ、風味に合った利用方法があります。

・Golden(デリケートテイスト)

その名の通り金色のメープルシロップ。透過率が100%から75%と輝く美しさを持っています。
エキストラライトとも呼ばれ、口当たりが柔らかく、後に残らないすっきりした甘さ。

・Anber(リッチテイスト)

以前の基準のライト、光の透過率50%以上のミディアムを統合したグレードがアンバー。
ゴールデンの後に採取され、色とメープルの風味が増します。

 

・Dark(ロバストテイスト)

光の透過率49.9%以下のミディアムと前の基準のアンバー、25%までのダークが統合されたグレード。

コーヒーのような色の濃さ、より強いメープル風味が特徴。
カナダでは料理の味付けなどに使われています。

 

・Very Dark(ストロングテイスト)

ダークよりもさらに濃く、メープル風味も強くなったメープルシロップ。
光の透過率も24.9%から0%。色の濃さから食品加工に使われています。

ゴールデンからアンバーまでが直接食べる、ダークとベリーダークは味付けや甘味材料としての食べ方がおすすめです。

ちなみに旧名称は
エクストラライト
ライト
ミディアム
アンバー
ダーク
2016年12月までに基準の変更が求められているようですが、まだ旧名称で表示されている場合もあるので注意してください。

 

おすすめのメープルシロップ5選!

・メープルテルワー社

メープルシロップの本場ケベック州にあるメープルテルワ−社は、良質な水のあるアパラチア山脈に自社農場を持ち、高品質の100%ピュアメープルシロップを生産しています。

お土産にも向いているカエデ型のボトルから使いやすいプラボトルまで揃っています。

 

・Now Foods

Now Foodsはオーガニック食品で有名な企業です。
精製されれる前のメープルシロップは日本ではなかなか味わうことはできません。
購入は並行輸入となりますが、ボトル1本で1ガロン(946ml)もありますので頻繁に購入する必要はないでしょう。保管は冷蔵庫へ。

 

・NOKOMIS

カナダに古くから伝わる大地の女神の名前を冠したNOKOMIS社。
年間50000Lものメープルシロップを収穫し、安定した品質のメープルシロップを世界中へ発進しています。

 

・モンファボリ

手頃な値段で日本でも親しまれているモンファボリのメープルシロップ。
本物の味が生活の一部となれる1品です。

 

・Cleary’s(クリアリーズ)

日本へ輸入されるメープルシロップのほとんどはアンバーからダークですが、クリアリーズのメープルシロップはエキストラライト(ゴールデン)級のメープルシロップも手に入れることができます。

値段も1200円程度とかなりお手頃。
もちろんカエデ樹液100%のピュアメープルシロップですのでご安心を。

セレブや芸能人もはまってる?!スーパーフードとは?

スーパーフードとは?

スーパーフードとは、単に海外のセレブからもてはやされている食べ物のことではありません。 主に植物由来でとある健康効果に対して有効にはたらく成分が突出し、さらに低カロリーな食品を「スーパーフード」と呼ぶのです。 スーパーフードの始まりは1980年代のアメリカとカナダの食事療法の研究家の間からと言われています。 日本では近年大きく取り上げられるようになりましたが、海外では2004年頃からスーパーフードの研究は盛んに行われてきたのです。 日本には日本スーパーフード協会という団体があり、スーパーフードの定義と基準が定められています。

・スーパーフードの定義

栄養バランスに優れ、一般的な食品よりも栄養価が高い食品であること。 あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。 ・スーパーフードの基準 「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であること。それにより、人体に及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、その安全性に不安をもって食することがなく信頼がおけるもの。 日本スーパーフード協会より

引用 :http://www.superfoods.or.jp/definition/

 

他にもスーパーフード発祥の地アメリカまたはカナダにて古くから知られている食品も基準の1つとされています。

 

プライマリースパーフード10

プライマリースーパーフードとは、アメリカ、カナダ国内でのスーパーフード代表とされてる食品です。 日本でもお馴染みのスーパーフードから、まだ広くは知られていない食品まで様々ですが、どれも高い栄養素を持っています。 日本スーパーフード協会が推奨するプライマリースーパーフード10

・スピルリナ
・マカ
・カカオ
・クコの実
・チアシード
・ココナッツ
・カムカム
・アサイー
・ブロッコリースーパースプラウト
・麻の実

もちろん他のスーパーフードも優れた栄養価があります。

 

スーパーフード種類一覧

 

スピルリナ

アフリカや中南米の湖に生息する藻類。地球最古の植物でもあります。 乾燥したスピルリナをアフリカでは貴重なタンパク源として食べられてきました。タンパク質の他にもアミノ酸、不飽和脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど50種類以上の豊富な栄養が含まれています。 免疫力アップや育毛効果に。 タブレットや粉末状で販売されています。

アサイー

アマゾンに自生するヤシ科の植物。 アントシアニン、ポリフェノール、ビタミンE、必須脂肪酸などが豊富でミラクルフルーツとも。 アントシアニンには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があります。 血液をサラサラする必須脂肪酸を始めとする栄養素で体の中からアンチエイジングが可能に。 ジュースやピューレ、粉末で売られていますね。

クコの実(ゴジベリー)

古くから中国で滋養強壮の漢方として重宝されてきました。 小さな楕円形の赤い実を目にしたことがある人も多いかと思われます。 βカロテン、ビタミンB1、B2、ミネラルが豊富に含まれています。

カムカム

アマゾン川流域に自生するさくらんぼに似た形の植物。 形はさくらんぼに似ていますが、粉末にすると茶色になります。 ビタミンCの含有量は世界一。 また皮はポリフェノールが豊富です。 疲労回復、ストレス減少に。

ブロッコリースーパースプラウト

ブロッコリーの新芽のこと。 解毒採用のあるスルフォラファンが、ブロッコリーにはごく少量、しかしブロッコリーのスプラウトには大量に含まれています。デトックスには最適です。 他にもミネラル、ビタミンK、ビタミンB群、鉄分と野菜で得られる栄養素のほんとどをカバー。普段野菜不足な人におすすめです。 家庭菜園で手軽に栽培できるのも魅力。 発芽後3日がスルフォラファンが一番多く含まれています。

マカ

マカは日本でも昔から精力剤として飲まれてきました。 しかし豊富な鉄分とミネラルは男性だけではなく、女性にもおすすめ。 ホルモンバランスを整えてくれます。

ウコン(ターメリック)

インド料理で知られるウコン。 黄色く染めるだけではなく、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、リン、カリウム、マグネシウム、鉄分が豊富なスーパーフードでもあるのです。 肝臓の働きを良くするので、お酒の後に飲むと良いも言われていますね。 他にも抗うつ作用もあります。

ソバ

ソバも実はスーパーフード。 血管を丈夫にしたり、脳細胞の死滅を防ぐ効果のあるルチンがソバには大量に含まれています。生活習慣病と認知症防止にはソバを。ソバ湯は必ず飲んで下さい。

カカオ

ココアやチョコレートの原料でもあるカカオ。 近年高含有量のカカオで作られたチョコレートの健康効果が大きく取り上げられるようになりました。 カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルが豊富な他、良質な脂肪(オレイン酸、ステアリン酸)が含まれています。 免疫力を高める食材として、原産地の南米では健康食品として愛用されています。 免疫力や集中力を高め、美肌効果も期待できます。

ビーポーレン

ミツバチが集め、酵素で固めた花粉団子のこと。 ミツバチ自らの酵素には18種類の酵素が含まれており、さらにビタミンA、B群、ミネラル、タンパク質も豊富。しかも少量で高い効果を発揮することができます。 疲労回復、アレルギー改善、予防に。

キヌア

南米の古代文明時代から貴重な穀物されてきたキヌア。 必須アミノ酸、不飽和脂肪酸、食物繊維が豊富に含まれています。 米や麦よりもグルテンが少ないので、ダイエット中でも安心して食べられる穀物なのです。 癖がないので様々な料理に。

チアシード

日本でも爆発的にヒットしたスーパーフード。 水で膨らんだ透明な部分はグルコマンナンという、こんにゃくの成分でもあるものです。 グルコマンナンは水溶性食物繊維で、便秘解消にも。 栄養面ではタンパク質や鉄分やミネラルの他、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。 オメガ3脂肪酸は中性脂肪、コレステロールを下げる他、様々な生活習慣病の予防、さらには脂肪燃焼を助ける効果のあるスーパー栄養素。 しかも1日たったスプーン1杯分を食べるだけで良いのです。

ヘンプ(麻の実)

日本でも雑穀や七味唐辛子として食べられてきました。 ビタミンEや不飽和脂肪酸が血液、血管を健康に。 種で食べる他、油(ヘンプシードオイル)で食べても効果が期待できます。

アマニ(亜麻仁)/フラックスシード

亜麻仁とは亜麻の種(ニ・仁)という意味です。 最近では亜麻仁油が日本でも有名になりました。 英語ではフラックスシードと呼ばれており、欧州ではフラックスシードオイルはメジャーな油です。 オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が豊富で、生活習慣病予防に。 また女性ホルモンの成分によく似た作用があるリグナンも含まれているため、女性特有の悩みにも。 日本では生での輸入は禁止されており、ロースト状または油として加工された亜麻仁のみ食べられます。

ココナッツ

ココナッツオイルもチアシードと同様に日本国内で爆発的にヒットしたスーパーフード。 南国を思わせる独特の香りが特徴ですね。 従来の脂分(長鎖脂肪酸)は体内に取り入れるとゆっくり分解、消化されるのに対し、ココナッツオイルを始めとする中鎖脂肪酸は、素早く分解されるので、体の中に溜まりにくい性質があります。 普段の料理、スイーツにココナッツオイルを使えば、同じ料理でもヘルシーに早変わり。 抗酸化作用でお馴染みビタミンEも豊富ですので、アンチエイジングの効果も。 食べてもオイルマッサージに使ってもおすすめ。 オイルの他、パウダー状のココナッツも料理の幅が広がりますね。

ノニ

東南アジア原産地ですが、国内では沖縄で栽培され、大きく売りだされています。 ただ独特の臭いが強烈で、お猪口1杯のジュースを飲むのもかなり苦労します。 しかし栄養価は大変優れており、ビタミンB群、カリウム、アミノ酸、不飽和脂肪酸などが豊富に含まれています。 健康維持、美容にと効果が期待できます。 100%果実の原液を他のジュースに割って飲むと飲みやすくなります。

タイガーナッツ

カヤツリグサの茎の中でもデンプンが溜まった部分で、正確にはナッツではありませんが、ナッツに似た食感と味が楽しめます。 食物繊維とビタミンEはアーモンドの約2.5倍含まれ、しかもアーモンドよりも低カロリー。 美容や抗酸化作用に1役買ってくれることでしょう。

アーモンド

タイガーナッツと比較しましたが、アーモンド自体も大変栄養価の高く、アメリカでは美容とダイエットにはアーモンドと言われているほど代表的スーパーフードです。 ビタミンEが豊富で、アンチエイジングに。また不溶性食物繊維は適度な満腹感と整腸作用があります。ビタミンB2も脂肪の燃焼を促進します。 不飽和脂肪酸が豊富でもあるので、生活習慣病予防にも。

マキベリー

マキベリーはこぶりな黒っぽい紫色の実なので、ブルーベリーと混同されがちですが、違う植物です。 ブルーベリーよりも希少性と栄養価が高く、ポリフェノールはアサイーの5.4倍、ブルーベリーの14倍もあります。 ポリフェノールの効果である抗酸化作用、ダイエット効果が期待できます。 ブルーベリーで有名になったアントシアニンもマキベリーは豊富。疲れ目にも。

 

日本固有のスーパーフードも

日本食、日本の食材は健康によいと海外で評価されています。 中でも

・納豆
・甘酒
・味噌
・緑茶
・抹茶
・さつまいも

は高い栄養に加え、食べやすいこと、様々な料理やスイーツに利用しやすいことで高く評価されています。 身近にある食材でも充分に健康と美容を保つことができるのですね。

スーパーフードはまだまだあります

上記の一覧の他にもまだまだスーパーフードと呼ばれる食品は存在します。 その中でも比較的手に入りやすいスーパーフードを紹介しました。 有名なスーパーフードだと、スーパーでも置かれるようになりましたし、飲みやすいサプリで手に入れることもできますね。 自分に合ったスーパーフードを探してください。