兄弟だから似ているのかと思いきや、全然似てない事が多い

時々、兄弟そっくりね~!と言われている兄弟を見かけるのですが、たまたま似ているように見える兄弟かと思って見たら、普通に双子だった事がありました。

確かに双子は、顔もしぐさも声もそっくりに生まれて来るので不思議です。

一卵性双生児は一つの乱視が分裂して出来た子供なので似るのは当然だと思うのですが、二卵性の双子でも顔がそっくりの場合があるので、その辺はかなり不思議な感じがします。

しかし、双子でも何でもない兄弟でもたまに、かなりそっくり似ている時もある場合もあるので不思議です。

多分その辺が兄弟たる所以の様な気がするのですが、ただ普段は全然似ていない状況の方が多いのです。

食べ物の好みも違いますし、好きなゲームも違います。

また、得意な教科も違うので、兄と弟は確実に別人でしかもそんなに似ていないことが判明すると思うのです。

そんな風に全然似ている所が一つも無いのに、親戚の人が特に二人は似ているねと連呼するので、もしかしたらいつも一緒に居る人には気付かないレベルで似ている所がある?としか思えません。

ただ、似てようが似ていまいが兄弟それぞれの個性は大事なので、上手く影響しあって成長して行けば良いですね。

なので、あまり兄弟に似ているか似ていないかの話を振るよりも、兄弟の全く違う部分を認め合う関係に成長して行ってくれれば~と思います。

 

中学校の制服をお下がりするとどれくらいお得になるのか?

これは我が家の場合になるのですが、単刀直入に長男の制服とバッグや上履きまでの中学校アイテムの総合計金額は8万円を超えましt。

この中で一番高いのは制服なんですが、ブレザーとズボン2本(1本は夏用)だけで5万円は行っている気がします。

消耗品なのが体操服で、これは余り下げられませんので要注意です。

指定の通学バッグとワイシャツは下げられそうなので、制服と合わせるとかなりの金額を下げられそうです。

給食当番の時に着る白衣なんか、殆ど目立つ汚れも無いのでこれも完全にお下がり確定です。

現在小学6年生の子供がいる~と言うお宅は、確実に今年2学期中までには制服の採寸があるのですが、その時に色々な注文票も提出するので、お下がり出来る種類が多ければ多いほど弟の制服代がかなり抑えられるのです。

こんな感じで、同性の兄弟をお持ちのお宅では下の子の制服代が浮いたりして助かるので、こんな時だけ男同士の兄弟も良いな~と思いますね。

これが男女の兄弟だったりしたらもう、学校指定のバッグ位しか下げられなくて大変になる所でした!

なので、男同士の兄弟の育児って大変そう~と思っている方はは、同性の兄弟の利点の方が高い事をもう少し研究しても良いかも知れません。

同性の兄弟の強みは、とにかく色んなものがリサイクル(お下がり)出来る事

多分、男女の兄弟をお持ちのお宅で苦労したと思われるのが、クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントかも知れません。

男の子は確実に電車や車やブロック系のおもちゃを欲しがるのですが、女の子は人形遊び系や手作り系、カワイイ文房具などが欲しいと言って来るのです。

これらを個別に、しかも毎年のクリスマス~誕生日~と買わなければならないので、いつの間にか部屋がおもちゃで占拠され放題になってしまう場合が多いのです。

所が、同性の兄弟の場合は、特にクリスマスプレゼントで予算削減出来るんですが、一人で遊んでも楽しいレゴブロックのセットを「二人で遊んでね」的に渡すと、、一人分の予算で二人分のプレゼントをすることが出来るのでお勧めです。

女の子の方も同様に、二人で楽しめるおもちゃを渡すことで予算を軽減することが出来るのです。

ただこの方法、上の子が小学校を卒業する頃には使えなくなっていると言うか、個別にプレゼントは渡すものだ!的な反抗をしてくる事もあるので、それまではガッツリ二人分おまとめプレゼント戦法を使って、予算削減&貯金をして行くと良いでしょう。

他にお下がり出来そうなモノがあるとたら、普段履いている靴かも知れません。

靴のサイズは成長期ともなると年に2回はサイズ変更があったりするので、あんまり履いてないのに新しい靴を買わなければならなくなった時は、下の子に下げることが出来るのです。

なので、上の子~兄にはいつでも今使っているモノをキレイに使う様にしてもらう様にしています。